中古車の買取時に意外と多い必要な書類

中古車の買取時に必要な書類は、意外とたくさんあります。
何も用意せずにお店へ行っても、必要書類がなければ手続きができません。
中古車を売りに出すタイミングを逃さないためにも、前もって準備しておく必要がありますね。
万が一書類をなくしてしまった場合の対策と一緒に、ご説明いたします。


中古車の受け渡し時に必要になる書類

普通車の場合、必要なものは全部で7つあります。
印鑑登録証明書×2枚、自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保険証明書、実印、振込口座、リサイクル券です。
また、住所が変わっている場合や結婚して苗字が変わっている場合は、本籍が載っている住民票や戸籍謄本が必要になります。
加えて、スペアキー、取扱説明書、取り外した純正品を用意すると、査定に多少プラスとなるので出来れば用意しましょう。


必要になる書類がみつからない

前もって再発行しておきましょう。
自賠責保険証明書と納税証明書は、それぞれ保険会社と都道府県税事務所で無料再発行してもらえます。
自動車検査証は、手数料などが少しかかりますが再発行できます。
話は変わりますが、「中古車として売り払いたいけれど交通の足がなくなってしまうのは困る」という方は、売るタイミングに困るでしょう。
そのような場合は、一定期間車を借りられる代車無料サービスなどを上手く活用しましょう。

This entry was posted in 中古車レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.