大事に乗れば中古車として売れる

買った新車が売られる時は、大きく分けて中古車か廃棄処分(スクラップ)のどちらかです。
洗車をして綺麗にしたり、ブレーキなどの部品の整備をしたりしていれば、中古車として売るときに良い状態で比較的高めに売ることが出来ます。
そのためかはわかりませんが、週末のお父さんたちはよく洗車をしていますよね。
内装だけでなく、車のボディに傷などを残さないことも査定には重要です。


中古車として売りたいときは

出来る限り大事に乗る、これに尽きます。
中古車として売る気があるなら、内装、ボディ、ブレーキなどの整備に気をつけなければいけません。
内装やボディを綺麗に保つことはもちろん、ブレーキなども手入れの仕方を調べて自ら行っても良いです。
わからなければ、ガソリンスタンドに洗車をしにいくついでに、お近くの中古車屋さんで整備の仕方など聞いてみると良いでしょう。


売りにだすタイミング

狙うのは、モデルチェンジのタイミングです。
まったく新しい車種が出たときや、同じ車種でも部分的にグレードアップされたときなどは、中古車の相場も大きく動きます。
こういったタイミングを逃さずに、迷わず売りに出して高額買取を狙うという手段もあります。
そのときまでに、綺麗にしたり整備したり準備をしておくことは重要です。

This entry was posted in 中古車レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.